声かけ ばれた嫁 十和田話

お昼に取材拒否したのは、声かけ意外にもばれた嫁、いつもはサクラのアルバイトをしていない五人の少年!
顔を揃えたのは、ばれた嫁キャバクラで働いていたAさん、声かけ現役男子大学生のBさん声かけ、売れない芸術家のCさん声かけ、音楽プロダクションに所属するのを諦めたDさん、声かけ芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「では、ばれた嫁辞めた動機から聞いていきたいと思います。Aさんからお話しください」
A(元メンキャバ就労者)「うちは、声かけ女心が知りたくて気がついたら始めていました」
B(大学2回生)「俺様は、声かけガッツリ儲けられれば何でもいいと考えて始めましたね」
C(ミュージシャン)「僕は、ばれた嫁シャンソン歌手をやってるんですけど、声かけまだ素人同然なんで満足できるほど稼げないんですよ。ビッグネームになる為には身近な所から地道に下積みしなきゃいけないんで声かけ、こんな仕事やりたくないのですが声かけ、一旦アンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」

ワシは声かけ ばれた嫁 十和田話の王様になるんや!

D(芸能プロダクション所属)「自分は、声かけ○○って音楽プロダクションでパフォーマーを養成すべく励んでいるんですが、ばれた嫁一度のコンサートで500円だけしか頂けないんで…先輩に教えて貰ったサクラのバイトを嫌々やってるんです」
E(若手お笑い芸人)「実を申せば、十和田話俺もDさんと似たような状況で、ばれた嫁コントやって一回僅か数百円の貧乏生活してるんです。先輩の紹介で声かけ、ステマの仕事を開始しました」
よりによって声かけ、メンバー五人のうち三人が芸能プロダクションに所属中という退屈なメンバーでした…声かけ、なのに話を聞いてみずとも、声かけ彼らにはサクラによくある苦労エピソードは無さそうでした…。